menu

InterviewMarutama foods.

トップを任されることで、ガラリと変わった仕事への価値観。
栄養士 西畑 千菜美

栄養士になった理由を教えてください

一番は料理をつくる仕事に就きたいという理由でした。調理師の免許を取ろうか栄養士の免許を取ろうか悩んだ末、栄養士の資格を取りました。
その資格を活かしながら働ける仕事をしようと、給食会社を選びこちらに入りました。

やりがいを感じるシーンはありますか

今は施設勤務ですが、やっぱりそこでお客さまの声が聞けることや、顔が見えること。「おいしかったよ」の一言や、「またあれが食べたい」という反応を感じることが1番のやりがいですね。自分のつくった献立が従業員の人の手によって実際に食事になり、お客さまの口に入る。この仕事はとても責任ある仕事だとも言えますね。

西畑さんのターニングポイントを教えてください

3年目の時に配属させてもらったのが、今の職場の特別養護老人ホームです。今までは先輩栄養士さんの下で働くポジションでしたが、そこでは一人しかいない栄養士として、現場を統率する責任あるポジションに抜擢していただきました。
今までは言われたことを確実にこなすだけでしたが、これをきっかけに、自分で考えてコミュニケーションをとったり、自分のことだけではなく周りを考慮して仕事の組み方を考えたりと、栄養士の業務は全部自分の責任になるというところで、責任感や仕事に対する姿勢も変わり、急成長しました。
指示を出したり注意をしたりするのは苦手でしたが、自分が言わないと周りのためにならないので、時には厳しく注意することもすごく大事だと気付きました。

マルタマフーズの強みや魅力について

私がいままでいた環境で感じることは、人に恵まれていることですね。マルタマフーズの先輩もとても優しいですし、現場の従業員の方も良い人ばかりです。仕事も丁寧に教えてくれるので、安心して成長できると思います。

入社を考える方へ一言

「ここに就職してから調理師や栄養士になりたい!資格が取りたい」という方、もちろん働きながら経験を積み、免許をとることもできます。食に興味があっても、一般の食品会社や、レストランに行ってしまう人が多いと思うんですよ。でも給食を通して人の健康をサポートしたり、管理することはとてもやりがいのある仕事だと思います。是非ここで、責任ある仕事を行いながら、一緒に成長していければなと思っています。